寝ることを装う

私たちは、1984年に寝具卸業として開業。以来、快適に寝ることを求めてきました。
快適な眠りは、良い布団で寝ることはもちろん。
空間そのものにお気に入りがつまった場所になることで
質のいい睡眠に繋がっていくと考えています。

 

 

オリジナル布団を作るきっかけ

布団をイメージした時に柄物の布団が頭に浮かぶ方が多いのではないでしょうか。
私たちがお店を始めたときは、敷布団からベッドに変わっていく時代でした。
それまで主流だった柄物布団は、無地のカバーをかけてもどうしても中の柄が移っていました。
そこで、布団の側生地を無地に統一しシンプルなカバーでも楽しめる布団を作ろうと思い、
どうせ作るんだったらと中身や側生地などにこだわり、
羽毛布団は4つのランク分けと季節ごとにボリュームを変えて完成しました。

オリジナルベビー布団の誕生

ある時、妊婦さんが来店し、「キャラクターものでもなく、フリフリでもないベビー布団はないでしょうか」と、聞かれました。
そこで、シンプルでかわいい、生まれてくる赤ちゃんが安心して使える素材で、自分たちも使いたくなるようなベビー用の布団カバーを作ってみたのです。お客様の希望をお伺いしながら、素材・サイズ・デザインを一から考えて作り上げました。それがオリジナルベビー布団誕生のきっかけになり、今も作り続けています。

オリジナルブランド「fait par la main」

「fait par la main」(フェパ・ラ・メン)とはフランス語で『お手製の』という意味。
我が子のために愛情たっぷりのお布団で寝かせてあげたい。
そんなママスタッフの意見を取り入れた、布団屋が作るお手製のベビー布団。
飽きのこないシンプルなデザインを、自分たちの手で作りお届けしたい。

癒しの空間は一反のリネンから

取引先のメーカーから、「麻(リネン)の生地が余っているので譲りたい」という連絡があって、何気なく買ったのがきっかけです。当時はまだブームになる前で、買ったまま倉庫に眠らせた状態でした。
それではもったいないのでエプロンを縫い、ウフのスタッフの制服代わりに着けることに。そのシンプルなデザイン、リネンの持つナチュラル感が、思いがけずお客様に好評でその声に応えるようにエプロンを商品化しました。そうして少しずつ、リネン雑貨がお客様の口コミで広がっていったのです。

 

その後、オシャレで実用性のあるものをお客様に使っていただきたいと思うようになり、リネン素材を中心に生地のバリエーションが広がっていきました。お客様に気に入っていただくには、まず自分たちが気に入る生地を選ぶ、デザインやサイズもスタッフの納得いくものをと考えるようになったのです。
リネン素材の良さを改めて感じたのは、スタッフの休憩室に作ったリネンのカーテンです。陽射しがまぶしい休憩室につけたところ、陽を浴びた時の透け具合、素材感の心地よさにすっかり魅せられてしまいました。

お客様の気持ちに寄り添いながら、ウフにしかできない空間をつくることが私たちの喜びです。
これからもお客様のお気に入りの空間を「装う」お手伝いをしていきます。

 

 

会社概要

株式会社 山富士

所在地: 〒780-0822 
高知県高知市はりまや町3-11-25
問合せ: 088-885-2888 (FAX)088-885-2885
設立 : 1984年8月
代表 : 山﨑正

沿革

1984年8月 設立 有限会社 山富士寝装として寝具の卸業をはじめる。
1997年9月 高知県はりまや町2丁目に、UF(ウフ)をオープン。
2004年9月 現在の場所(はりまや町3丁目)に移転オープン。
2005年7月 オンラインショップ・UF(ウフ)をオープン。
2010年3月 株式会社 山富士に組織変更。
2017年10月 UFマルイファミリー海老名店オープン。
2020年7月 UFマルイファミリー海老名店閉店。
2020年10月 オリジナルベビー布団の卸業を開始。